前々回は、フィギュアでブンドドする時のちょっとしたポイントをご紹介しました
今回は、玩具やフィギュアブログを書く際のコツをメモ

とは言うものの、かなり偏った意見なので、あくまで参考程度に… 


その1、「ネタを選ぼう」

せっかく時間をかけて撮影して、文章を書くわけですから、できればより多くの人に見てもらいたいのがニンゲンの性(さが)
とはいうものの、本格的な機材やフィギュアを有する大手ブログにはまぁ敵わないわけですよ
そこで、ネタのチョイスで狙っていきたいのが以下の3つ

「旬のもの」
 アニメ放映や映画上映中のもの、キャラの誕生日、イベント先行販売ものなど

「お得なもの」
 長く遊べるもの、使いまわせるもの、お値段の割にクオリティが高いもの、セール品

「面白いもの」
  パッとみて欲しくなるインパクトのあるもの


個人的に避けているのは、「Web限定販売品」と「すぐレア化するもの・珍しい物」

ブログに来る人の目的というのは、「お買い物をする上で参考にしよう、他にも面白いレビューがあったらそれもお店でチェックしよう」というケースが多いと思うんです
その時に、全く手が出ない高額のレアフィギュアばかりのサイトがあったら、ちょっと引いちゃうと思うんですよね

ギリギリのラインとしては、「そこまでレアじゃないし、このメーカーはレビューの評価が良いので次の新作では忘れないようにしよう」あたりだと思います。アルターとか。



その2 「トップ画像と商品情報」

これは、過去の反省も含めてなのですが、「メーカー名やお値段などの情報は冒頭にキッチリ説明する」ということ

ブログを閲覧するときって、写真と文章をくまなく見るっていうことはあまりしないと思うんです。まずタイトルとトップ画像を見て、上からちょっとみて、さらに興味があったら下の方に読み進めるというスタイルの方が多いと思います

あまり奇抜なタイトルや長過ぎる前置きはダメですが、記事の上の方に必要な情報と、ちょっとインパクトのあるお写真を置いておくのが良いでしょう
あと、公式ページとAmazonなどの商品ページで商品名が異なっていた場合、後者を優先したほうが検索に引っかかりやすくなります。
海外に需要があるフィギュアの場合、英語のタイトルを併記するのも良いかもしれません。うちはやってませんけどね…w


その3 「写真」

前回も述べましたが、写真の大きさに関しては、う~ん、個人的に”クリックで拡大する方式”は好きじゃないので、できるだけ大きく、かつあまり表示が重くならないサイズを狙っています。大きくても900☓900ぐらいかな
最近ではスマホで観る方も増えていますからね
あと、同じ理由で、今後は「縦長のお写真」が好まれるようになると思います
 
レビューサイトとしては、あまり圧縮・縮小しないでドーンとお写真を置きたいんですけれどねw 



ということで、 「玩具・フィギュアレビューブログを書くときの3つのコツ」でした