個人的な感想です ➘

今日のテーマ
・3DCGフルアニメは、人物ドラマには向いていないのではないか
VS
・ニコ動に慣れ親しんでいる若い世代のほうが、すんなり受け入れられるのか




3Dを得意とするアニメスタジオ「サンジゲン」10周年を記念して制作された、初のTVオリジナルフルアニメーション「ブブキブランキ」

巨大生命体(ロボット)「ブランキ」と、それを操る少年少女たちのジュブナイルストーリー

同スタジオの作品で、劇場2作品も公開されたアニメ「蒼き鋼のアルペジオ」に続くフルCGアニメーションで、今回は原作無しのオリジナル物だったのですが、アルペジオと比較してしまうと…マイナス面が浮き彫りになった感じです

まず、アルペジオのような魅力的な原作が無く、イチから制作という点でかなり不利。
アルペジオでは、メインキャラクターは「戦艦」+「戦艦のメンタルモデル(美少女)」という組み合わせで、人物モデルに多少違和感があっても戦艦の描写で補えるという、CGアニメ向きな作風でした。主役のイオナが無表情で無機質な性格であったのも、良い方向に働いていたと思います

一方、ブブキブランキは、人物のバトルとブランキのバトルが別パートなので、人物のモーションの違和感が顕著に現れる結果になりました。キャラクターやブランキのデザインも、原作という基盤が無いため、まとまりのないものとなってしまっています

CGモデルを使ったアニメの課題でもあるのですが、ラブライブ!やビビッドレッド・オペレーション、ガールズ&パンツァー、艦これなどは、CG部分と作画部分をミックスすることで違和感を打ち消す手法を使用しています。

フルCGになると、この手法が使えないので、人物のアクション、ポーズ付けにはこれまで以上に気を使う必要があるのですが、おそらくアルペジオで「イケる!」と踏んで、そのままの体制で制作したのかな?と推測されます


同じような例として、ポリゴン・ピクチュアズの「シドニアの騎士」と「亜人」の比較も挙げられます
シドニアは、1000年後の未来を描いたSF作品で、登場人物は人工的な延命操作や遺伝子交配によって、外見や動きに無機質な印象を強くうけるキャラクター設定。このため、フルCGが「味」となって好印象でした
次の作品「亜人」では、一応モンスター的な亜人が主人公なのですが、描かれるのは等身大の少年や大人達で、舞台も近い未来の日本、つまり我々が見慣れた「日常
」なわけで、そうなるとほんのちょっとした挙動の違和感が、作品の足を大きく引っ張る形となります。

うーさー(サンジゲン)やクローン・ウォーズ(ポリゴン・ピクチュアズ)のようにデフォルメキャラを使うことで、これらの違和感は回避可能。また、メカものと混ぜた「楽園追放」「タイガー&バニー」などは、3DCGでも違和感ないバランスにまとまっていると思います

まとめると、リアル等身で生身に近いキャラがメインの場合、フル3DCGを使うのは、大きな博打といえます。これはおそらく、どれだけCG技術が進化してもついてまわる落とし穴。スタジオが慣れてきて、より高度な機材や技術を使用すればするほど、費用対効果が低くなる結果を招きます。

各社、これに気づいて、モデリングの手法の改善、CGに合った作品選びなどの対策を早めに打たないと、視聴者とアニメ制作側との溝は広がる一方なのではないかと思います。ハリウッド映画では、いち早く対策を講じ、一時期アクションシーンで試験的に取り入れられたフルCGモデルを捨て、現在ではブルーバックに俳優が演じ、CG合成するという手法がメインとなっています




で、これとは別に自分が思ったのは「もしかしたら若い世代はこのCGに違和感を感じないのではないか」ということ
セルアニメで育った世代と、ニコ動のMMDに親しんで育った世代では、このブブキブランキという作品の受け取り方が大きく異なるのではないかという可能性。
実際にアンケートをとったわけではありませんが、有り得る話だと思います

そういった土壌、受け皿がある場合は、前述の「3DCGアニメはやめたほうがいい」という論が180度ひっくり返ります

単におじさんがついていけないだけか、それとも業界が間違ったレールを進んでいるのかは、10年後のアニメファンが決めてくれるでしょう。

というメモでした
お気を悪くされたらごめんなさい…