2019年1月から放送開始のテレ朝系深夜番組「超人女子戦士 ガリベンガーV

司会のバイきんぐ小峠英二(ことうげ えいじ)さんとゲストの先生、シロちゃん含む3人のVtuberが毎回自然や科学、歴史に関する様々なことを学ぶ30分のお勉強番組です。

テレ朝では木曜深夜に放送、ほかGyaoでも配信あり。
最初は、よくあるひな壇芸人いじりの番組かな~と思っていたのですが、これがなかなか面白い!以下、3つのポイント

1.小峠さんがすごい!
2.ためになる!
3.イラストがかわいい!


に絞ってご紹介します ↓
 

1.小峠さんがすごい!

番組では、教室のセットに小峠さん、ゲストの先生、Vtuber3人(合成)というスタイルで進行。Vtuberは電脳少女シロさんがレギュラーで、残りの2人は毎週入れ替え。
まず小峠さんとシロさんのやりとりが面白いです。厳しくツッコむ小峠さんに、変化球のボケを投げ入れるシロさん。人間とVtuberという垣根を超えた、新しい笑いのスタイルが確立しています。
Vtuber側の入れ替えメンバーも毎回一癖も二癖もあるメンツが登場しハラハラ。無茶なボケを拾いつつ先生とのやり取りで見事に進行していきます。

2.ためになる!

途中から見始めたので全部は把握していないのですが、例えば第15回「宇宙の謎を解明せよ」では、タイムリーなブラックホールの撮影の話題から始まり、世界の電波望遠鏡の話、宇宙やブラックホールの構造や成り立ちなどを分かりやすく解説しています。学校の勉強から一歩踏み込んだ内容は、子供から大人まで楽しめるものとなっています。

3.イラストがかわいい!

小峠&先生の実写部分とVtuberの3DCGの融合もさることながら、見逃せないのは随所に挿入される解説イラスト。難解な図ではなく、小峠&Vtuberがコミカルに描かれたキャッチーなものが毎回複数登場します。


デフォルメされた小峠さんがかわいいw
イラスト担当は大阪の相互視覚化企業「タニスタ」が担当。
基本はCG系の映像制作会社のようですが、イラスト(簡易アニメーション)の完成度も高いです。毒がなくみんなで楽しめるテイスト。ここは今後も伸びるんじゃないかな?

Vtuberが出演する番組というと、「異物」「異質なもの」として扱われるケースが多い(最近は減ってきましたが)のですが、「ガリベンガーV」はその2歩先、3歩先を行っている感じ。
水木一郎さんが歌う戦隊モノやスーパーロボットっぽいOP「超人女子戦士ガリベンガーV」や、シロさんとのデュエット「ハダシの砂浜」もキャッチーで良いですね。
今後も目が離せません。


リンク
超人女子戦士 ガリベンガーV|テレビ朝日 

「超人女子戦士 ガリベンガーV」 - YouTube (番宣や小ネタなどショートムービー配信)

超人女子戦士 ガリベンガーV | 見逃し配信 | 無料動画GYAO! (本編を1週間無料配信)

超人女子戦士 ガリベンガーVとは (チョウジンジョシセンシガリベンガーブイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科